生活習慣病|武蔵小山の内科・消化器内科

武蔵小山の内科・消化器内科 小山中央診療所

武蔵小山駅より
徒歩2分

0337123415

休診日水曜、土曜午後、日祝

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは

生活習慣病はその名の通り、普段の生活習慣が原因で発症する病気のことです。喫煙、偏った食事、食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足、睡眠不足など、好ましくない生活習慣が積み重なると生活習慣病になる可能性が高くなります。
初期段階ではほとんどの人が無症状で生活に困る事がないため、生活習慣病を軽視する傾向があります。しかし、実は生活習慣病はとても怖い病気なんです。

生活習慣病の主な病気

高血圧

その名の通り、血圧が正常値よりも高い状態のことです。とはいっても、カラダを動かしたり食事をしたりすれば血圧は上がります。高血圧とは、安静にしている状態で血圧が高いことです。血圧が高いということは、当然血管にかかる負担が大きいので、血管が傷ついたり血管が硬くなったりして動脈硬化になりやすくなります。
ただ、自覚症状がないため、定期的に検査を受けていないと気づきません。

糖尿病

糖尿病は血糖値が高くなる病気です。血糖値とは血液中の糖分の濃度のこと。なぜ血液中の糖分が濃くなるのかというと、それは膵臓の細胞と関係しています。膵臓には「インスリン」と呼ばれるホルモンを分泌する細胞があります。そして、そのインスリンは血糖値を一定に保つ働きがあります。
しかし、細胞のインスリン分泌が少なくなったり働きが悪くなると、血糖値を一定に保てなくなり、血液中の糖分が濃くなるのです。
血糖値の高い状態が続くと、尿の量が多くなったり、喉が渇くことが多くなったり、体重が減ったり、疲れやすくなったりします。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症は、血液に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が一定の基準よりも多い状態のことです。健康な人であれば血液はサラサラですが、脂質が多いため、血液はドロドロに。動脈硬化を起こしやすくなります。
脂質異常症も高血圧と同様、自覚症状がないため、定期的に検査を受けていないと気づきません。

生活習慣病で恐ろしい合併症

生活習慣病で恐ろしい合併症

高血圧、糖尿病、脂質異常症と生活習慣病になっていたとしても、大した自覚症状がないため、大丈夫と思う方もいます。しかし、生活習慣病で怖いのは、生活習慣病自体ではなく生活習慣病が原因となって起こる別の病気なのです。それを「合併症」と言います。
生活習慣病で怖い合併症を紹介します。

脳卒中

脳の血管になんらかの障害が起こる病気です。
脳の血管が破れたり、脳の血管がつまって血液が流れなくなったりします。

心筋梗塞

心臓の筋肉に血液を送る冠動脈が塞がってしまい、心臓の筋肉に血液が流れなくなる病気です。

狭心症

心臓の筋肉に血液を送る冠動脈の血流が悪くなり、心臓の筋肉に酸素の供給が不足する病気です。
胸の痛みや圧迫感が生じます。

生活習慣の改善とアドバイス

生活習慣の改善とアドバイス

上記の合併症はほんの一部で、他にも様々な合併症があります。
生活習慣病を予防するためにも、規則正しい生活を心掛けましょう。

当院では、生活習慣改善のアドバイス、また状況に応じて投薬などの生活習慣病治療も行っています。
健康診断でひっかかった、不規則な生活を送っているのでちょっと気になる、などお気軽にご相談ください。

ページトップへ